当院の特徴

専門職が一体となった組織体制『看護・リハビリテーション部門』

看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが一体となり、タイムリーな情報交換や必要な時に必要な援助ができる体制で、患者さま、ご家族さまの”思い”をかなえるべく援助させていただきます。
入院初日からチームで状況把握を徹底し、自分たちにできる支援は何かを考え、患者さまやご家族さまにも参加していただく医療を提供します。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の在籍数、県内トップクラス

病気や怪我からの回復が一番多く認められる回復期の段階に、1人の患者さまに対して、365日体制で一日9単位(3時間)近いリハビリを提供できる体制を整備し、患者さまの回復や社会復帰のお手伝いをさせていただきます。入院中からご家族さまへの介助指導や家族指導、また栄養指導や薬剤指導など、患者さま、ご家族さまに必要な援助をそれぞれの専門職がチームで応援します。
『良くなりたい』『良くなってほしい』『家でまた家族と共に楽しく過ごしたい』・・・などの患者さまやご家族さまの思いをかなえたい。そう願って日々研鑽を積んでいます。

病院から生活期、在宅へのスムーズな移行を支援します。

入院中から自宅での生活や外出時を想定したリハビリテーションを実施し、家での生活イメージが早期から持てるように支援します。また、退院前には必要に応じて医療ソーシャルワーカーやケアマネージャーと共に、理学療法士、作業療法士などが自宅訪問を実施し、住宅改修の提案や自宅での介助方法の検討などを行い、在宅での生活を安心して送っていただけることを目標としています。
『家に帰りたい・・・』『家に帰ってきてほしい・・・。』という思いを途切れさせること無くスムーズに専門職が援助し、笑顔で楽しく人生を!をかなえたいと考えています。