甲西リハビリ病院ホーム >

医療関係者さまへ

当院で受け入れ可能な患者さまについて

入院受け入れ基準の参考としてご覧ください。
ご不明点やご質問事項はこちらよりご連絡ください。
また、患者さまの入院手続きなどについては、
「患者さま・ご家族さまへ」の「入院のご案内」を
参考にしてください。

  • 入院対象者
  • 当院での入院加療が困難な例
  • その他

入院対象者

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では以下の方を対象に入院を受けています。

対象疾患 発症からの入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態又は義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷の場合 2ヶ月以内 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

リハビリテーションを希望されている方で原則脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーションが対象の方です。くわしくはご相談ください。

当院での入院加療が困難な例

  • 気管切開や人工呼吸器等呼吸管理が必要な方
  • IVHやCVポートの管理のある方
  • 認知症やうつ等でリハ意欲がない方
  • 人工透析が必要な方
  • 感染症で特別な治療法を必要とする状態
  • 疼痛に対して麻薬を使用する状態や特別な薬剤を使用の方
  • 重度の認知症で病状が安定していない方

経管栄養や食事介助が必要な方、センサー等が必要な方は適宜対応させていただきます。 また、急性憎悪の場合は状態により急性期病院への転院をお願いすることがあります。

その他