外来案内

甲西リハビリ病院ホーム > 

患者さま・ご家族さまへ > 

外来案内 > 

ペインクリニック内科について

ペインクリニック内科について

ペインクリニックとは?

“ペインクリニック”という言葉は、滋賀県ではまだまだ知られていないようです。“ペイン”とは痛み、“クリニック”とは診療という意味です。ですから、様々な痛みを正面からとらえて、治療していこうとする診療のことを指します。日本での歴史は、昭和37年に東京大学で麻酔科外来が始まったのが最初と言われています。痛みの治療手段としては、西洋薬のほか、漢方薬を含めた内服療法、物理療法などがよく知られていますが、ペインクリニックでの治療の特徴としては、これらのほかに神経ブロック療法を持っていることです。

神経ブロック療法

神経ブロック療法は、注射の治療法ですが、単なる筋肉注射とは異なったものです。いわゆる神経に薬剤を作用させる注射です。怖い注射と思われがちですが、専門医が行うことで、安全性の高い神経ブロックが提供できます。当然、専門性の高い、高度な技術を要する注射になりますので、それぞれ充分な説明をうけていただく必要があります。

慢性痛では、不要な痛みの信号が、神経の興奮を起こし、これがまた痛みの原因となり、痛みを増強する、という痛みの悪循環に陥っていることがあります。神経ブロックにより、この悪循環を断ち切ることができる場合があります。

神経ブロックでは、おもに局所麻酔薬と呼ばれる薬剤を用います。このため、ブロックの対象となる神経は、一時的にブロックされます。しかし、その間に、不要な痛み信号が遮断され、血流がよくなることで、新たな神経の興奮が起こらなくなり、悪循環が断ち切れて、痛みが軽減傾向に向かうようになるのです。

では、どのような疾患に効果があるのでしょうか?
神経ブロックが著効することがあるものを一部挙げてみます。

神経ブロックが著効することがあるもの
  • 慢性腰痛(特に腰の骨が変形して、起き上がり動作などで痛みが増強するもの)
  • ぎっくり腰(重いものを持とうとして、突然痛くなる‘魔女の一撃’といわれるもの)
  • 椎間板ヘルニア
  • 各種頭痛
  • 五十肩(肩関節周囲炎)
  • 肩こり
  • リハビリテーションにおける痛み

リハビリテーションの重要性

神経ブロック等の治療により、痛みが軽減しても、そこで治療を終了しない方がよい場合があります。再発予防の一手を打っておいた方がよいということです。例えば、腰痛に例をとりますと、再発防止のためには、多くの患者さまにおいて体幹筋力の向上が必要だと考えられます。自宅で腰痛体操が正しく充分にできればよいのですが、なかなかできるものではありません。当院では、必要と考えられた患者さまには、療法士とマンツーマンでおこなうリハビリテーション(理学運動療法など)を行っております。