看護・リハビリテーション部門(リハビリテーション課)

甲西リハビリ病院ホーム > 

当院で働きたい方へ > 

看護・リハビリテーション部門(リハビリテーション課)

「リハビリ=苦しい・つらい・痛い等」と思われがちですが、幅の広いリハビリテーションを展開することで患者さまの希望や要求の応じた治療や援助が出来るように心掛けています。

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の在籍数は県内トップクラスで、一人の患者さまに対し、1日のリハビリ時間を最大限提供できる体制となっています。リハビリテーション専門医、リハビリテーション専任医と共に回復期から生活期にかけての援助を徹底して行っています。
訪問リハビリテーションや通所リハビリテーションにも専従の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を配置し、入院中でも退院されてからも、『安心感100%』の声を頂けるよう努力してまいります。
リハビリテーション=訓練・治療というイメージが強いかもしれませんが、私たちは、ただ単純な訓練の繰り返しを行うのではなく、『生活力向上』を目指した練習を患者さま、ご家族さまと共に考え支援することで、『かゆい所に手が届く・・・。』そんな援助を目指しています。
地域支援にも力を入れており、市町村主催の介護予防事業へのスタッフ派遣、養護学校や他施設、他院へのリハビリ支援なども積極的に行い、地域貢献、地域包括ケアに向けた協力に勤めています。

基本理念

  • 一、 リハビリテーションの精神に基づき、当院から安心して自宅生活へ戻れるよう援助する。
  • 一、 日々向上心を持ち、常に適切なリハビリテーションが提供できるよう努力する。
  • 一、 人としてまた医療人として地域に貢献できるセラピストを育成する。

理学療法の特徴

  1. 1スタッフの知識、技術の向上を常に心掛け、信頼させる理学療法士を目指し、入院、外来問わずマンツーマンでの治療を行い、質の高いリハビリテーションが提供できるようにすることが目標。
  2. 2回復期から維持期を担う病院として、この時期に出来る最大限の機能回復、最大能力でのADLの獲得を目指しています。
  3. 3専門的な知識と技術を基に患者さま、ご家族さまにご満足頂けるリハビリテーションの提供を目指します。

作業療法の特徴

  1. 1生活という視点を持ちながら、個別対応を中心に作業療法を実施しています。
  2. 2まずは「見失った自分の身体を見つめ直す」ことから始める治療スタイルをとっています。そして理学療法士と協力し、機能訓練を重要視して実施しています。
  3. 3必要に応じ、適時ADL訓練を実施し、また代償動作では克服できないものに対しては自助具の提供や環境調整を行っています。
  4. 4

    電気刺激を利用して、麻痺側の筋肉を動かして訓練する「アイビス」と言う器械も使用しています。滋賀県では初めての導入病院となっています。

    アイビス

    詳しくはこちら

言語聴覚の特徴

失語症や構音障害などの言語障害を有する患者さまに対して、その症状やニーズに合わせたマンツーマンでの訓練を重点的に行っています。また、言語障害の有無に関わらず「談話室」のような雰囲気を作り出せるように心掛けています。それにより、院内でのコミュニケーションが円滑に進むような援助を行っています。さらに、嚥下障害をお持ちの患者さまに対しては、言語聴覚士が食事場面に介入し、誤嚥や「むせ」に対してのアプローチや環境調整も積極的に行っています。