診療時間

診療案内
9:00~11:30
16:30~19:00

外来担当医表

休診日…木・日・祝祭日

面会時間 10:00~19:00(全日)

ペインクリニック内科

ペインクリニック内科

ペインクリニック内科は痛みの治療

“ベイン”は痛み、”クリニック”は診療という意味です。様々な痛みを正面からとらえて、治療をしていこうとする診療です。治療手段としては、西洋薬のほか、漢方薬を含めた内服療法、物理療法、神経ブロック療法、理学療法などのリハビリテーション治療があります。
当院では、マッケンジー療法を含めたリハビリテーション治療にも力を入れています。

神経ブロック療法

痛みの悪循環を断ち切る

神経ブロック療法についての図

注射の治療ですが、単なる筋肉注射ではなく、神経に薬剤を作用させる注射です。専門性の高い、高度な技術を要する注射のため、充分な説明を受けていただく必要があります。慢性痛では、不要な痛みの信号が神経の興奮を起こし、これがまた痛みの原因となって痛みを増強する、という痛みの悪循環に陥っていることがあります。神経ブロックによりこの悪循環を断ち切ることができる場合があります。
主に局所麻酔薬と呼ばれる薬剤を用い、一時的に神経をブロックし、その間、不要な痛みの信号を遮断します。これにより、新たな神経の興奮が起こらなくなり、悪循環が断ち切れて痛みが軽減傾向に向かうと考えられています。

神経ブロックが
著効することがあるもの

  • 慢性腰痛(特に腰の骨が変形して、起き上がり動作などで痛みが増強するもの)
  • ぎっくり腰(重いものを持とうとして、突然痛くなる“魔女の一撃”といわれるもの)
  • 椎間板ヘルニア
  • 各種頭痛
  • 五十肩(肩関節周囲炎)
  • 肩こり
  • リハビリテーションにおける
    痛み

リハビリテーション治療

痛みの軽減と再発防止

腰痛は国民病であり、多くの人が悩んでいるのですが、ほとんどの腰痛症は原因が不明と言われています。これらの腰痛症の中に、脊柱いわゆる背骨の可動性および筋肉の柔軟性が著明に低下している患者さまがおられます。こういう方にはリハビリテーション治療として理学療法が効果的なことがあります。当院では、マッケンジー療法を含め、リハビリテーション治療を積極的に取り入れて治療効果を得ています。
もちろん、腰痛以外にも肩こりや首回りの痛みなど様々な痛みの治療に有効な場合があります。
また、痛みが軽減したあとも、痛みの再発予防のためにリハビリテーション治療を継続した方が良いことがあります。腰痛を例にとると、再発防止のためには体幹筋力増強が必要と思われますが、自宅で正しくトレーニングすることはなかなか難しいことです。理学療法士とマンツーマンで行うことが大切と考えます。

マッケンジー法

腰臀部痛、頸部痛などの治療に

ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジーにより1950年代に考案された治療法です。腰臀部痛、頸部痛などの治療に応用されます。認定セラビストがどのような運動や姿勢で痛みが軽減するタイプなのか判断し、患者さまに正しく指導していきます。当院には、認定セラビストが在籍しており、適応のある患者さまにマッケンジー法での治療を提供させて頂いております。

国際マッケンジー協会日本支部

漢方治療

全身に改善がみられることも

患者さまの身体の状態にあわせて漢方薬を選択します。痛みの軽減のみならず、全身的に身体の調子がよくなることもあります。東洋医学的に証と呼ばれる身体の状態を診て、漢方薬を選択します。効果が表れるまで少し日数を要すことが多いです。